コラム

【プロ野球の1年間】シーズンはいつからいつまで?スケジュールは?オフシーズンには何をやってるの?

突然ですが、プロ野球のシーズンっていつからいつまでがご存知でしょうか?

またシーズン中はどのような日程で動いているのか、

オフシーズンには何をしているのかなどなど…

プロ野球の1年間の流れを知らないという方も多いのではないでしょうか。

野球ファン
野球ファン
言われてみると知らないことだらけかも…

この記事では、プロ野球の1年間の流れについて、

シーズン中はもちろんオフシーズン中も一挙に紹介します!

プロ野球シーズン期間中の流れ

まずはプロ野球のシーズン期間中の流れについて紹介します。

プロ野球のシーズンを大まかに説明すると、

  • 春季キャンプ
  • オープン戦
  • 開幕
  • 交流戦
  • ポストシーズン

といった流れです。それでは詳しく紹介していきます。

プロ野球は2月の春季キャンプインから始まる

プロ野球のシーズンは開幕から始まると思われがちですが、

実際には2月の春季キャンプインからシーズンが始まります。

野球ファン
野球ファン
春季キャンプからシーズンがはじまるんだ!知らなかった!

実際にレギュラーシーズンと言われる通常の試合日程は開幕からですが、

プロ野球の1年が始まるのは春季キャンプが始まる2月1日です。

春季キャンプは球団によりますが、2月1日からほぼ1ヶ月間、チーム全体で行われます。

この時期はまだ気温が寒いので、沖縄県や宮崎県、また、海外で選手たちは体を動かします。

キャンプはわたしたちファンにも公開されるので、

ぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか?

野球ファン
野球ファン
キャンプは普段見れない練習も見れて楽しいよ!

春季キャンプ終盤〜3月中旬まではオープン戦

キャンプの終盤から3月中旬頃まではオープン戦と言われる他球団との試合がはじまります。

オープン戦は非公式試合ながら、NPBが決めた日程でおこない、

ルールも公式戦とほとんど変わりません。

ちなみに2019年の日程は2月23日(土)~ 3月24(日)です。

 

オープン戦はほとんどのチームが選手の試合感覚を取り戻すためや、

選手やチームの調整を目的として利用しています。

一応オープン戦の結果を踏まえて順位がつけられますが、

オープン戦の順位がほかの何かに影響することはありません。

3月下旬│いざ開幕

3月下旬には、いよいよ公式戦が開幕します。

ちなみに2019年の開幕は3月29日です。

2019年開幕カード
  • 横浜DeNAベイスターズ-中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース-東京ヤクルトスワローズ
  • 広島東洋カープ-読売ジャイアンツ
  • 北海道日本ハムファイターズ-オリックスバファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ-東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 福岡ソフトバンクホークス-埼玉西武ライオンズ

開幕戦はどの試合もエース同士の投げ合いとなることや、

イベントやプレゼントなども用意されていることが多いため

1年の中でも人気が高い試合となっています。

5月下旬~6月中旬|セ・パ交流戦

5月の終わり頃~6月中旬にはセ・パ交流戦が開催されます。

通常プロ野球は、セ・リーグとパ・リーグに分かれて6球団の中で戦いますが、

リーグの垣根を越えてセ・リーグvsパ・リーグの試合が見れるのがこの期間です。

ちなみに2019年の交流戦期間は6月4日(火)~ 6月23日(日)です。

 

数年前までは2試合ずつ、ホームゲームとビジターゲームをしていましたが、

近年では3試合をホームもしくはビジターでするようになりました。

交流戦では普段打席に立たないパ・リーグのピッチャーが打席に立つ姿や、

セ・リーグのチームでもDH制を使って普段見れない戦い方を見れるので、

レギュラーシーズンの試合とは違う楽しみ方ができます。

野球ファン
野球ファン
普段見れない対戦チームの試合が見れるのも魅力的だよね!

7月中旬|前半戦終了~オールスターゲーム

7月中旬になると前半戦が終了し、オールスターゲームを挟んだ休みとなります。

オールスターゲームに出場する選手はあまり休めませんが、

それ以外の選手は試合のない休暇期間となります。(チームにより練習日はあります)

 

オールスターゲームはチームに関係なくセ・リーグ、パ・リーグのリーグでチームを組み、

戦うこととなるので普段見れない選手同士の組み合わせが見れます。

普段見れない選手同士の交流や、チームプレイなども楽しめますが、

ファンからすると敵チームの応援を楽しめるのも魅力の1つです。

ちなみに2019年の日程は7月12日に東京ドームで、7月13日に甲子園球場で開催されます。

7月中旬|後半戦スタート

オールスターゲームの休みが終わればいよいよ後半戦に突入します。

この時期は前半戦の疲労も蓄積されてきた上で、夏の暑さもあるため、

選手の体力が重要なカギとなっています。

特に試合になれていない若手選手には厳しい日々が続くこととなります。

またいよいよ後半戦ともなるとリーグ順位にもより注目が集まります。

10月上旬|レギュラーシーズン終了

通常元々組まれている日程は9月中に消化されますが、

雨天などで中止となった日程が9月終盤~10月上旬に組み込まれます。

野球ファン
野球ファン
雨が続くとシーズン終盤に連戦が待ってる…なんてことにもなるよね

この辺りになるともう順位も決定しており、消化試合となりますが、

引退する選手の引退試合や、ホーム最終戦セレモニーなどもあるため

終盤の試合も目が離せません。

 

全チームが全日程を終えると、上位3位のチームはポストシーズンへ突入し、

下位3位のチームはシーズンオフへと入ります。

10月中旬~|クライマックスシリーズ

10月中旬からはレギュラーシーズンで上位3位になったチームでクライマックスシリーズを開催します。

クライマックスシリーズは、1stシリーズとファイナルシリーズがあります。

クライマックスシリーズ1stステージでは、リーグ2位のホームにて、

2位のチームvs3位のチームの試合が3試合行われます。

3試合のうち2試合勝利したほうが勝ち上がり、

クライマックスシリーズファイナルステージへと進みます。

 

クライマックスシリーズファーストステージでは、リーグ1位のホームにて、

1位のチームvs2位or3位の勝ち上がったチームの試合が6試合行われます。

1位のチームは1試合のアドバンテージがありますが、

先に合計4勝したほうが日本シリーズへと進みます。

10月下旬~11月初旬|日本シリーズ

クライマックスシリーズが終わると、いよいよ日本一を決める日本シリーズが始まります。

セ・リーグのクライマックスシリーズを勝ち上がったチームと

パ・リーグのクライマックスシリーズを勝ち上がったチームで、

7試合をし、先に4勝したほうが晴れて日本一となります。

試合はどちらのホームでも開催されるため、

2試合開催→移動→3試合開催→移動→2試合開催

といった流れになります。

 

2019年の日程
  • 10月19日(土) [第1戦] パ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 10月20日(日) [第2戦] パ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 10月22日(火) [第3戦] セ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 10月23日(水) [第4戦] セ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 10月24日(木) [第5戦] セ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 10月26日(土) [第6戦] パ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 10月27日(日) [第7戦] パ・リーグ出場チーム本拠地球場

 

日本シリーズが終了し、日本一が決まると、1年かけて戦ってきたシーズンが終了します。

プロ野球オフシーズン中の流れ

続いてオフシーズン期間中の流れを紹介します。

オフシーズンはチーム(リーグ終了時の順位)によって始まる期間が異なりますが、

早ければ10月初旬から、遅ければ11月初旬にはどのチームもオフに入ります。

10月中旬|ドラフト会議

選手たちには直接関係はありませんが、10月中旬には新人選手を獲得する、

ドラフト会議がおこなわれます。

~11月末|戦力外通告→12球団合同トライアウト

少し悲しいお話ですが、来シーズンのチームの戦力として考えられていない選手には、

戦力外通告といういわゆるクビ宣告もされます。

通告がされる期間は

  • 第1次通告:10月1日からクライマックスシリーズ開幕前日まで
  • 第2次通告:クライマックスシリーズ全日程終了翌日から日本シリーズ終了翌日まで。※ただし日本シリーズ出場チームのみ日本シリーズ終了の5日後まで

といった2つの期間におこなわれます。

戦力外になった選手は、引退するか現役を続行するかを自分で選べます。

また現役を希望する選手は、引き続き秋季キャンプや練習に参加したり、

球団の施設を利用したりすることが可能です。

また11月中旬ぐらいに開催される12球団合同トライアウトに参加することもできます。

12球団合同トライアウトとは、自由契約となった選手を対象に12球団が一斉に適正をチェックするためにおこなわれます。12球団トライアウトで現役選手に戻れる可能性はあまり高くありませんが、自由契約になった選手たちはもう1度ユニフォームを着るため必死にアピールをします。

10月下旬~11月|秋季練習、秋季キャンプ

オフシーズンに入ってからは若手を中心に秋季練習や秋季キャンプが各地でおこなわれます。

どのチームもシーズンが終わってから数日後に開催することが多く、

秋季キャンプは一般公開もされます。

見学に行きたいという方はオフシーズンになったら発表される日程や場所を、

公式サイトでチェックしてみてはいかがでしょうか。

11月下旬|ファン感謝デー

11月23日の勤労感謝の日やその前後の土日を中心に、

各球団でファン感謝デーというオフシーズン最大のイベントが開催されます。

ファン感謝デーは、その名前の通り1年間応援してくれたファンへ向けたイベントです。

普段なかなか見れない選手の姿を見られたり、話を聞けたり、

サインやグッズがもらえたり、イベントに参加できたり…、

とたくさんのお楽しみ要素が用意されています。

11月上旬~12月|契約更改

オフシーズンの話題の1つと言えば、選手たちがおこなう契約更改です。

今シーズンの総評を聞き、来シーズンの年俸や契約をおこないます。

FAが近い選手の契約年数や、結果を残した選手の年俸などに注目が集まります。

~1月中旬まで|野球教室、TV出演、トークショーなどのイベント

オフシーズンには選手たちのイベントにも注目です。

子供たちを対象とした野球教室はもちろん、TV出演や、

ショッピングモールでのトークショー、

また選手によってはホテルなどでファンミーティングを開催する選手もいます。

どれも普段見れない選手の姿を見れたり、話しを聞けたりするので、

好きな選手のイベントは要チェックですね。

1月|自主トレ

年が開けると、選手達は新しいシーズンに向けて自主トレを始めます。

国内でする選手から海外でする選手まで場所は様々ですが、

どの選手も走り込みや筋力トレーニングから、技術的な練習まで、

2月のキャンプインで体が動くように調整をします。

選手のほとんどは一般公開もしているので、興味のある方は普段見れない

選手の練習姿を見に行ってみてはいかがでしょうか?

1月上旬|新人選手入寮&新人合同自主トレ

1月上旬ごろからはドラフト会議で入団が決まった新人選手たちの入寮、

また新人合同自主トレもはじまります。

新人選手たちにとってはいよいよプロへの道が始まるといったところでしょうか。

プロ野球の1年間まとめ

プロ野球はの1年間の流れについて紹介してきました。

こうやってみるとあっという間に思えるシーズンは長いですし、

オフシーズン期間中も選手はやることが多くて、

家族でゆっくりする暇もなかなかとれなさそうですね。

ファンからするとシーズン期間中だけでなくオフシーズンも楽しみが満載なので、

シーズン中に試合を見に行くのはもちろん、オフシーズンも楽しんでくださいね。

ABOUT ME
アバター
みっさん
プロ野球がとにかく好き。「プロ野球に関わっていたい」「プロ野球ファンが増えてほしい」という想いからこのサイトを運営しています。役立つ情報からルールや用語解説などなど、プロ野球に関する様々なことを紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です