ルール・用語解説

【プロ野球用語解説】春に行われる「練習試合」と「オープン戦」の違いとは?

プロ野球の1年間は2月に春季キャンプをし、3月になるとオープン戦を経て、3月末にいよいよ開幕…という流れで春を過ごしていきます。

【プロ野球の1年間】シーズンはいつからいつまで?スケジュールは?オフシーズンには何をしてるの? 突然ですが、プロ野球のシーズンっていつからいつまでがご存知でしょうか? またシーズン中はどのような日程で動いているのか、オフシー...

この期間には球団内で2チームを作って試合形式で練習をする紅白戦のほかに、他球団と実際に試合をする「練習試合」や「オープン戦」もあります。

練習試合もオープン戦も、他球団とするレギュラーシーズン以外の試合という点では同じですし、一見すると同じように見えますが、なぜ名前を分けて使っているのでしょうか?

この記事では、プロ野球における「練習試合」と「オープン戦」の違いについて紹介します。

練習試合とオープン戦の違いはNPBの管轄下かどうか

プロ野球における練習試合とオープン戦はどちらも非公式の試合という共通点を持っていますが、違いを一言でいうとNPBの管轄下で行われているかどうかという点です。

それぞれについて詳しく紹介していきます。

練習試合は球団間で調整して行われる

練習試合は主に2月の春季キャンプ期間中に行われます。

オープン戦とは異なり球団同士が話し合って、日程を調整し行われるのが練習試合です。

NPBは練習試合には関与していないため、料金が発生せず、わたしたちファンは無料で試合を観戦できます。

オープン戦との違いはほかにも、以下のようなことが挙げられます。

  • ルールを自分たちで決められる(6回打ち切り/打者10人制/1度ベンチに下がった選手が再出場など)
  • 9回制でホームチームが勝っている場合でも9回裏を行う
  • 投手を使いたいために1回~3回程度の短いイニングで交代させるため多くの投手が見られる
  • 若手中心のチーム編成(ベテランや外国人選手は調整期間のため)

オープン戦はNPBが定めた日程で行われる

オープン戦はNPBの管轄下で開幕前の調整試合として行われます。

NPBの管轄下なので、練習試合とは違い公式戦と同じルールに沿って試合を行います。

ですので、公式戦と同じように記録員がおり、記録が残るのも練習試合との違いの1つです。

また、公式戦に比べると安いですが、試合観戦時には有料のチケットが必要となります。

ちなみにオープン戦と公式戦との違いは、以下のようなことが挙げられます。

  • 平日であってもデイゲームで行われることがほとんど(まだ気温が低いため)
  • 9回打ち切りで延長戦はなし
  • セリーグ同士の試合でもDH制が取り入れられる

まとめ

練習試合もオープン戦も、開幕前に行われる調整用の非公式試合です。

主な違いはNPBの管轄下かどうかという点だけですが、そのほかにも細かい違いがあることを紹介してきました。

プロ野球の試合を見に行ったことのない方などは、無料で見れる練習試合や(開催地はキャンプ地なので場所が限られますが)、安い料金で観戦できるオープン戦の観戦から始めるのがおすすめです!

ただし3月と言っても冷える(特に風のある外球場)ので、しっかりと防寒対策をしていくようにしてくださいね。

ABOUT ME
みっさん
プロ野球がとにかく好き。「プロ野球に関わっていたい」「プロ野球ファンが増えてほしい」という想いからこのサイトを運営しています。役立つ情報からルールや用語解説などなど、プロ野球に関する様々なことを紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です