ルール・用語解説
PR

プロ野球の人的補償とは?プロテクトって?丨過去の補償選手一覧も

homi
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

プロ野球のオフシーズンの話題の一つといえば、選手の移籍情報ですよね。

2023年オフシーズンは以下の7選手がFA宣言を行いました。

  • 西川龍馬外野手(広島東洋カープ)→オリックス・バファローズへ移籍
  • 石田健大投手(横浜DeNAベイスターズ)→宣言残留
  • 山崎福也投手(オリックス・バファローズ)→北海道日本ハムファイターズへ移籍
  • 平井克典投手(埼玉西武ライオンズ)→宣言残留
  • 山川穂高内野手(埼玉西武ライオンズ)→福岡ソフトバンクホークス
  • 田村龍弘捕手(千葉ロッテマリーンズ)→宣言残留
  • 松井裕樹投手(東北楽天ゴールデンイーグルス)→サンディエゴ・パドレス

参考フリーエージェント選手丨NPB

FA権が行使され、移籍先が決まると気になるのが人的補償です。

2023年オフも西川龍馬選手の人的補償で日高暖己投手が広島東洋カープに、山川穂高選手の人的補償で甲斐野央投手が埼玉西武ライオンズに移籍することが決定しました。

homi
homi

当初 山川穂高選手の人的補償に和田毅投手という記事が出て驚いた方も多かったのではないでしょうか…!(結局甲斐野投手でそれはそれでびっくりでしたが)

本記事ではそんなオフシーズンの移籍事情を知るためにも重要な人的補償について詳しく解説します。

そもそもFA移籍について知りたいという方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

【プロ野球用語解説】FA移籍とは?FA移籍の仕組みからメリットまで徹底解説
【プロ野球用語解説】FA移籍とは?FA移籍の仕組みからメリットまで徹底解説
\スポンサーリンク/

人的補償とは?

人的補償とはFA移籍で選手を排出した球団が、FA宣言をした選手を獲得した球団から選手を獲得できる制度のことです。

ちなみに、選手を獲得することを人的補償、選手ではなく金銭をもらう場合は金銭補償といいます。

なぜ人的補償があるの?

FA移籍をする選手は中堅以上の選手で、ほとんどの選手がその球団の主力選手です。

そしてFAをする選手を獲得するためには、契約金や年俸など高額な金額を用意しなければいけません。

そうすると、どうしても主力の選手がお金を持っている球団に集まっていくことになります。

それでは戦力が偏ってしまうため、FA権が誕生した1993年から人的補償(もしくは金銭補償)の仕組みが作られているのです。

人的補償の仕組み

人的補償はFA移籍をしたすべての選手につけられるものではなく、その球団で年俸が高い選手上位10名までが対象となります。

年俸が高い順にランクが決められており、そのランクによって補償内容が異なります。

ランク補償内容
ランクA
(年俸額1位〜3位)
選手1名+旧年俸の0.5倍の金銭
ランクB
(年俸額4位〜10位)
選手1名+旧年俸の0.4倍の金銭
ランクC
(年俸額11位以下)
補償なし
※FAが2度目以降の選手については金銭が半分になる

例えばランクAの年俸1億の選手をFAで排出する場合、選手1名と5000万の金銭が補償されることになります。

また、人的補償で獲得したい選手がいなかった場合、金銭だけを受け取る金銭補償も選択可能です。

ランク補償内容
ランクA
(年俸額1位〜3位)
旧年俸の0.8倍の金銭
ランクB
(年俸額4位〜10位)
旧年俸の0.6倍の金銭
ランクC
(年俸額11位以下)
補償なし
※FAが2度目以降の選手については金銭が半分になる

プロテクトとは?

人的補償では該当の球団に所属しているすべての選手から選択ができるのではなく、以下に当てはまる選手は選択ができません。

  • プロテクトされた28名の選手
  • 外国籍選手(FA権取得により外国人枠の適用外になった選手を含む)
  • 直近のドラフトで獲得した新人選手
  • 育成契約選手

プロテクトとは日本語にすると「保護する」という意味があり、FAした選手を獲得した球団が、人的補償で排出したくない選手を28名選べる仕組みです。

ただし、この28人というのは決して多いわけではなく、試合ときにベンチ入りできる人数が25人ののため、普段試合に出ている主力選手を入れればほとんど枠が埋まってしまうことになります。

球団はどの選手をプロテクト枠にいれて、どの選手を外すのか熟考する必要があります。

人的補償で移籍した選手一覧

過去に人的補償で移籍した選手を一覧にまとめました。(2023年オフ時点)

選手名球団(移籍前→移籍後)FA移籍選手名
1995年川邉忠義巨人→日本ハム河野博文
2001年平松一宏巨人→中日前田幸長
2001年ユウキ近鉄→オリックス加藤伸一
2005年小田幸平巨人→中日野口茂樹
2005年江藤智巨人→西武豊田清
2006年吉武真太郎ソフトバンク→巨人小久保裕紀
2006年工藤公康巨人→横浜門倉健
2007年赤松真人阪神→広島新井貴浩
2007年岡本真也中日→西武和田一浩
2007年福地寿樹西武→ヤクルト石井一久
2010年高濱卓也阪神→ロッテ小林宏之
2011年藤井秀悟巨人→横浜村田修一
2011年高口隆行ロッテ→巨人大村三郎
2012年高宮和也オリックス→阪神平野恵一
2012年馬原孝浩ソフトバンク→ オリックス寺原隼人
2013年鶴岡一成横浜→阪神久保康友
2013年一岡竜司巨人→広島大竹寛
2013年脇谷亮太巨人→西武片岡治大
2013年藤岡好明ソフトバンク→ 日本ハム鶴岡慎也
2013年中郷大樹ロッテ→西武涌井秀章
2014年奥村展征巨人→ヤクルト相川亮二
2016年金田和之阪神→オリックス糸井嘉男
2016年平良拳太郎巨人→横浜DeNA山口俊
2017年尾仲祐哉横浜DeNA→阪神前田大和
2017年高木勇人巨人→西武野上亮磨
2018年内海哲也巨人→西武炭谷銀仁朗
2018年長野久義巨人→広島丸佳浩
2018年竹安大知阪神→オリックス西勇輝
2019年酒居知史ロッテ→楽天美馬学
2019年小野郁楽天→ロッテ鈴木大地
2020年田中俊太巨人→横浜梶谷隆幸
2021年岩嵜翔ソフトバンク→中日又吉克樹
2022年張奕オリックス→西武森友哉
2022年田中正義ソフトバンク→日本ハム近藤健介
2023年日高暖己オリックス→広島西川龍馬
2023年甲斐野央ソフトバンク→西武山川穂高

参考歴代FA人的補償選手一覧丨週刊ベースボールオンライン

人的補償に関するよくある質問

最後に人的補償についてよくある質問についてまとめました。

Q
人的補償は必ず行なわれる?

球団で年俸が高いランキング10位までの選手がFA移籍をした場合のみ補償があります。

ただし、人的補償とは限らず、金銭補償を選択する場合もあります。

Q
人的補償は誰でも選べる?

人的補償は以下の選手を除いた残りの選手から選ぶ必要があります。

  • プロテクトされた28名の選手
  • 外国籍選手(FA権取得により外国人枠の適用外になった選手を含む)
  • 直近のドラフトで獲得した新人選手
  • 育成契約選手
Q
人的補償とトレードの違いは?

人的補償はFAで選手を排出した場合に、相手の球団から選手を獲得できる制度です。

トレードは双方の球団で話し合いを行い、選手を交換する制度となり、別物になります。

Q
プロテクトとは?

FAした選手を獲得した球団は、人的補償でとられたくない選手を28名まで選べます。これをプロテクトといいます。

プロテクト枠に入っている選手は人的補償で獲得ができません。

Q
人的補償は拒否できる?

人的補償は原則として拒否はできません。

もし拒否をした場合は資格停止処分となり、試合に出場できなくなります。

まとめ

人的補償はFAで移籍した選手の代わりに、相手の球団から選手を獲得できる仕組みです。

戦力が一つの球団に偏らないためにも重要な仕組みであることがわかっていただけたのではないでしょうか。

選手の移籍情報はプロ野球のオフシーズンの楽しみの一つでもあるので、このあたりの仕組みも理解しておくとより情報を楽しめるので、ぜひ覚えておいてください。

【プロ野球用語解説】FA移籍とは?FA移籍の仕組みからメリットまで徹底解説
【プロ野球用語解説】FA移籍とは?FA移籍の仕組みからメリットまで徹底解説
【プロ野球用語解説】ポスティングシステムとは?海外FAとの違いや資格など
【プロ野球用語解説】ポスティングシステムとは?海外FAとの違いや資格など
DAZN BASEBALL提供開始

DAZN

2024年2月1日よりDAZNから新たに「DAZN BASEBALL」という料金プランの提供が開始されました!

月々2,300円(年間27,600円)で以下のコンテンツが楽しめます。

  • 春季キャンプライブ配信(阪神・広島・巨人・日ハムを除く8球団)
  • オープン戦ライブ・見逃し配信(広島を除く11球団)
  • 公式戦/交流戦ライブ・見逃し配信(広島を除く11球団)
  • クライマックスシリーズライブ・見逃し配信(広島を除く11球団)
  • Buzz Replay
  • オリジナルコンテンツ/ドキュメンタリー、他

さらに2月29日(木)23時59分までの申し込みで初月無料キャンペーン実施中

2024年シーズンのプロ野球をDAZN BASEBALLで楽しみませんか?

\プロ野球見るなら/
DAZN(ダゾーン)

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
homi
homi
プロ野球ファン
プロ野球ファン歴12年目(2013年WBC〜)とにかくプロ野球が大好き!もっとプロ野球ファンが増えてほしいとの思いからプロ野球に関する様々な情報を紹介します。特に推している球団はロッテと阪神ですが、12球団どこのファンの方も仲良くしてくれると嬉しいです。
\スポンサーリンク/
記事URLをコピーしました