ルール・用語解説

【プロ野球用語解説】リクエスト制度とは?対象プレーなどのルールは?

プロ野球の試合を見ていると、不意に監督がベンチから出てきて、「リクエスト」を要求することがあります。

ann

たしかに、たまに監督が出てきてなにか言ってると思ったら審判がいなくなって…っていうシーンあるよね

ran

リクエストって詳しく知らない人も多いんじゃないかな

リクエスト制度という名前は知っていても詳しいルールとかまではよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

本記事では、プロ野球のリクエスト制度についてまとめて紹介します。

この記事のまとめ
  • リクエスト制度とは判定に異議がある際にビデオ判定を要求できる制度
  • 1試合につき2回まで/延長戦では1回利用できる
  • リクエストを利用して判定通りの場合はリクエスト残回数が1つ減る
  • リクエストを使用して判定が覆った場合はリクエスト残回数は減らない
  • リクエストができるのは監督のみ
  • リクエスト判定後の異議申し立てはできない(異議を唱えた場合退場となる)
  • ビデオ判定を行っても確証が持てない場合は判定通りでプレー再開となる
  • すべてのプレーにリクエストが利用できるわけではない

リクエスト制度とは?

リクエスト制度とは、判定に異議がある際に監督が映像による検証を要求できる制度のことを言います。

たとえば、以下のような場合に1試合につき2回までリクエストの要求が可能です。

  • 一塁ベースをバッターランナーが踏んだと同時にボールがファーストのミットに収まった場合にアウトと宣告された場合
  • 三塁線ギリギリの打球のをファウルと宣告された場合

など、プレイに対しての判定に納得がいかない場合に、審判にビデオ判定を要求できる制度です。

ビデオ判定をした結果、判定通り(アウトの判定でリクエスト→ビデオ判定後もアウトの判定など)の場合は、残りのリクエスト回数が減ります。

もしビデオ判定の結果判定が覆った場合(アウトの判定でリクエスト→ビデオ判定後にセーフの判定など)はリクエスト権は減らず、9回までの間に2回リクエストが可能です。

2回リクエスト判定を行って判定が覆らなかった場合、この試合ではもうリクエストは使えません。

ただし、延長戦に突入した場合は、残り回数に関わらず1回ずつリクエストが使用できます。

リクエストの対象プレーと対象外のプレー

リクエストは、どのようなプレーにも利用できるわけではなく、以下のようなプレーに関してはリクエストは利用できません。

  • ストライク、ボールの判定
  • 打者のハーフスイング
  • 走塁妨害
  • 守備妨害
  • ボーク
  • インフィールドフライ
  • 自打球
  • 塁審より前の打球

それを踏まえて、リクエストができるプレーは以下のようなプレーです。

  • アウト、セーフの判定
  • ファウル、フェアの判定
  • 本塁上での衝突プレー(コリジョン)や併殺崩しなどの危険なプレー
  • 頭部への死球
  • フェンス際の打球
  • 捕球から送球に移る際の落球時に、完全捕球かどうか

※フェンス際の打球についてホームランかどうかの判断は審判団の判断でリプレー検証が行われる

必ずしも疑問を持った判定にリクエストができるわけではないことを覚えておきましょう。

リクエスト制度の細かいルール

リクエストにはリクエスト対象外のプレーのほかに、以下のようなルールもあります。

  • 監督しかリクエストを要求できない
  • 検証結果への異議は禁止(抗議した場合退場)
  • 映像の検証時間は5分(確証が得られなかった場合は判定通りで再開)
ann

こんなルールがあるんだね

ran

ビデオ判定をしても確実に判定が間違っていると判断できなければ覆らないルールになってるよ

リクエストの始まりは本塁打限定

そもそもリクエスト制度が始まったのはMLBが先です。

MLBでは2008年よりポール際のきわどい打球が本塁打かファウルかを判定するため限定に取り入れられました。

同じように日本(NPB)でも2010年シーズンから正式に本塁打の打球に関してのみリプレー検証が取り入れられるようになりました。

リクエストの楽しみ方

リクエストによるリプレイ検証中、球場ではビジョンに審判が見ている映像と同じ映像が流れます。

同じようにリプレイを見て、わーっと盛り上がるのも楽しいポイントですが、もう1つリプレイ検証中に流れるBGMにも注目をしてみてください。

中には何も流していない球場もありますが、以下のように曲をかけてくれる球団もあります(以下は2019年時点でのBGM)

  • 札幌ドーム…古畑任三郎のテーマ
  • 楽天生命パーク宮城…Deep Purple「Smoke on the Water」
  • ZOZOマリンスタジアム…名探偵コナンのテーマ
  • メットライフドーム…カウボーイビバップ「Tank!」
  • 明治神宮球場…ガリレオのテーマ
  • 名古屋ドーム…踊る大捜査線
  • 京セラドーム…ミッションインポッシブル
  • ヤフオクドーム…ピンクパンサー/名探偵コナン/ガリレオなど

球場により色々と待ち時間を楽しめるように工夫しているので、ぜひ球場に行った際も、テレビで見ている際もチェックしてみてください。

リクエスト制度まとめ

本記事では、プロ野球のリクエスト制度についてまとめて紹介しました。

リクエスト制度によって、より正確な判定を受けられて試合の流れや勝敗にも関わってくる大切な制度です。

リクエスト制度がどのようなものか理解して、よりプロ野球を楽しみましょう。

この記事のまとめ
  • リクエスト制度とは判定に異議がある際にビデオ判定を要求できる制度
  • 1試合につき2回まで/延長戦では1回利用できる
  • リクエストを利用して判定通りの場合はリクエスト残回数が1つ減る
  • リクエストを使用して判定が覆った場合はリクエスト残回数は減らない
  • リクエストができるのは監督のみ
  • リクエスト判定後の異議申し立てはできない(異議を唱えた場合退場となる)
  • ビデオ判定を行っても確証が持てない場合は判定通りでプレー再開となる
  • すべてのプレーにリクエストが利用できるわけではない
ABOUT ME
グラスタ管理人
グラスタ管理人
プロ野球がとにかく好き。「プロ野球に関わっていたい」「プロ野球ファンが増えてほしい」という想いからこのサイトを運営しています。役立つ情報からルールや用語解説などなど、プロ野球に関する様々なことを紹介していきます。
プロ野球中継診断

簡単診断

あなたにぴったりの試合中継サービスは?

質問に答えていくだけで最適な中継サービスがわかります!

好きな球団の所属リーグは?

診断結果

あなたにおすすめなのは「スカパープロ野球セット」です!

スカパープロ野球セットなら12球団の全試合がテレビでもスマホでも楽しめます。

スカパープロ野球セットについて詳しく見る

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめなのは「J:com スタンダードコース」です!

J:comであれば野球だけでなくドラマやアニメなど様々なコンテンツを楽しめます◎テレビでもスマホでも見れるのでおすすめです!

J:comについて詳しく見る

もう一度診断する

診断結果

あなたにはパ・リーグの試合が見れるサービスがおすすめです!

パ・リーグTV」「楽天Special」「パ・リーグLIVE」のどれかなら、パ・リーグ主催試合がすべて見れます◎

それぞれのサービスについて詳しく見る

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめなのは「GLS」です!

GLS公式サイトへ行く

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめなのは「虎テレ」です!

虎テレ公式サイトへ行く

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめなのは「J SPORTSオンデマンド」です!

J SPORTSオンデマンドでは、広島・中日・横浜の主催試合が視聴できます◎

J SPORTSオンデマンド公式サイトへ行く

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめなのは「フジテレビONEsmart」です!

フジテレビONEsmart公式サイトへ行く

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめなのは「ニコニコプロ野球チャンネル」「paravi」です!

ニコニコプロ野球チャンネルは無料で楽しめるうえ、他の動画も楽しめます◎

paraviでは有料ですが、ドラマなどたくさんのコンテンツを楽しめます!

ニコニコプロ野球チャンネルへ行く

paravi公式サイトへ行く

もう一度診断する

診断結果

あなたにおすすめなのは「DAZN」と「J SPORTSオンデマンド」です!

DAZNではカープを除く11球団の主催試合が視聴でき、J SPORTSオンデマンドではカープの主催試合が見れるので、2つを組みわせると12球団の全主催試合が視聴できます◎

DAZN公式サイトへ行く

J SPORTSオンデマンド公式サイトへ行く

もう一度診断する

この投稿にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA