コラム

令和初の記録はだれが達成したの?プロ野球令和初記録をまとめて紹介します!

2019年5月1日

平成が終わり令和という新しい時代に変わりました。

時代が変わったということは、何か記録を達成すると令和初記録と紹介されることとなります。

折角新しい時代を迎えたことですし、この記事でプロ野球の令和初記録についてまとめて紹介します。

また新しい記録が達成されれば追加していきますので、ぜひチェックしてみてください。

プロ野球令和初記録~球団編~

まず令和になって最初に行われた試合は、

  • 巨人-中日(東京ドーム)
  • DeNA-ヤクルト(横浜スタジアム)

の2試合で、いずれも午後2時プレイボールでした。

同じく阪神-広島(甲子園球場)も午後2時プレイボールの予定でしたが、

雨の影響で29分遅れでのプレイボールとなったため、

阪神-広島(甲子園球場)の試合が令和初となる遅延開始試合となりました。

 

また最初に試合が終わったのは巨人-中日の試合で、試合時間は2時間49分でした。

そのため令和初勝利チームは巨人、令和初勝利監督は原辰徳監督となります。

プロ野球令和初記録~ピッチャー編~

まずはピッチャーのいい記録をまとめて紹介します。

  • 初勝利-菅野智之(巨人)
  • 初奪三振-菅野智之(巨人)
  • 初完投-菅野智之(巨人)
  • 初完封-今井達也(西武)
  • 初ホールド-岩崎優(阪神)
  • 初セーブ-森唯人(ソフトバンクホークス)

2019年9月6日福岡ソフトバンクホークスの千賀投手がノーヒットノーランを達成しました。

その後9月14日中日ドラゴンズの大野投手もノーヒットノーランを達成しています。

続いてピッチャーのいい記録とは言えないものをまとめて紹介します。

  • 初被安打-大貫晋一(横浜)
  • 初被本塁打-山井大介(中日)
  • 初敗戦-山井大介(中日)
  • 初失点-山井大介(中日)
  • 初危険球退場-武田翔太(ソフトバンクホークス)

プロ野球令和初記録~バッター編~

まずはバッターのいい記録をまとめて紹介します。

  • 初安打-太田賢吾(ヤクルト)
  • 初二塁打-石川雄洋(横浜)
  • 初三塁打-鈴木大地(千葉ロッテ)
  • 初本塁打-坂本勇人(巨人)
  • 初看板直撃弾-陽岱鋼(巨人)
  • 初打点-亀井善行(巨人)
  • 初四球-山田哲人(ヤクルト)
  • 初死球-ビヤヌエバ(巨人)
  • 初出塁-太田賢吾(ヤクルト)
  • 初犠打-大貫晋一(横浜)
  • 初盗塁-亀井善行&山本泰寛(巨人/重盗)

続いてバッターのいい記録とは言えないものをまとめて紹介します。

  • 初三振-渡辺勝(中日)
  • 初併殺打-青木宣親(ヤクルト)
  • 初盗塁死-佐野皓大(オリックス)

プロ野球令和初記録~その他~

守備編

  • 初失策-田中広輔(広島)
  • 初併殺-大和→石川雄→ロペス(横浜)
  • 初捕逸-若月健矢(オリックス)

監督編

  • 初勝利-原辰徳(巨人)
  • 初敗戦-与田剛(中日)
  • 初リクエスト-栗山英樹(日ハム)
  • 初退場-緒方孝市(広島)

プロ野球令和初記録のまとめ

プロ野球令和初記録をまとめて紹介しました。

令和のプロ野球もぜひ楽しんでいきましょう!

ABOUT ME
アバター
みっさん
プロ野球がとにかく好き。「プロ野球に関わっていたい」「プロ野球ファンが増えてほしい」という想いからこのサイトを運営しています。役立つ情報からルールや用語解説などなど、プロ野球に関する様々なことを紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です