用語解説

【プロ野球用語解説】エラーとは?基準は?|最多数・平均数など記録についても調べてみた

プロ野球では、守備をしている選手がミスをするとエラー(失策)という記録がつく場合があります。

しかし、ミスをしたプレイすべてにエラーがつくのではなく、同じような状況だったとしても、エラーがつくプレイとつかないプレイがあります。

  • エラーがつく基準って何なんだろう
  • エラーって1年でどれくらいなんだろう
  • エラーが多い選手って誰?逆に少ない選手って誰?

などなど、エラーについて徹底的に紹介していきます。

エラー(失策)とは

エラーとは、守備をしている選手のミスにより、打者や走者をアウトにできなかったり、進塁されたりすること

具体的にどのような場面でエラーがつくのか、例を見てみましょう。

  • 平凡なセカンドゴロをセカンドがトンネルする
  • ランナーなしの状況でファーストへの送球が大幅に逸れる(悪送球)
  • 平凡なフライを捕球できずに落とす

このように、通常であれば問題なくできたであろうプレイをミスするとエラーが記録される場合が多いです。

エラーが記録されない場合

一見エラーのように見えても、次のような場合はエラーが記録されません。

  • イレギュラーバウンドで捕球ができなかった場合
  • フライを譲り合って取れなかったり、太陽光や照明の影響で球を見失ったりした場合
  • 打球を弾いて落としてしまったが、打球が強くて捕球できなかったと判断された場合
  • 正確な送球ができなかったが、通常のプレイをしていたとしてもアウトは取れなかったと判断された場合

ミスをしたとしても、仕方がないプレイ(イレギュラーバウンドなど)や、通常のプレイをしていたとしてもアウトにできなかったと想定される場合はエラーが記録されません。

エラーを判断するのは審判?

ここで気になるのが、ミスをしたときに、エラーかどうかを判断するのは誰なのかという点です。

一見、判断をするのは審判のように思えますが、答えは「公式記録員」です。

公式記録員は、スコアの記入や安打/失策・暴投/捕逸など試合中のプレイ内容全般について判断する人のこと

野球は後から見返したときに、試合がどのように展開されたのかがわかるように「スコアブック」を記録しますが、プロ野球の公式戦でも同じようにスコアの記録が行われます。

実際に行われたプレイが、どのようなプレイなのか、エラーなのかエラーではないのか、については公式記録員に判断が委ねられています。

エラーって1年でどれくらい記録されている?

エラーが多いと、直接的に相手の得点(失点)に繋がり、場合によっては負けに繋がります。

エラー数は少なければ少ないに越したことはありませんが、1年でどれくらいのエラー数が記録されているのか、参考までに2020年度のエラー数を調べました。

球団ごとのエラー数

まずは球団ごとのエラー数を調べてみました。上から順にエラー数が多かった順に並べています。

  1. 阪神タイガース:85個
  2. 北海道日本ハムファイターズ:75個
  3. 広島東洋カープ:73個
  4. 埼玉西武ライオンズ:69個
  5. 東京ヤクルトスワローズ:65個
  6. 東北楽天ゴールデンイーグルス:61個
  7. オリックスバファローズ:60個
  8. 福岡ソフトバンクホークス:57個
  9. 千葉ロッテマリーンズ:53個
  10. 横浜DeNAベイスターズ:52個
  11. 中日ドラゴンズ:51個
  12. 読売ジャイアンツ:43個

エラー数が最も多かったのは阪神タイガースの85個で、少なかったのは読売ジャイアンツの43個と倍近くの違いがあることがわかります。

エラーが多いチームは弱い?

一見強いチームはエラーが少ないのかと思いますが、昨シーズンリーグ1位で優勝し、日本シリーズも優勝した福岡ソフトバンクホークスでも57個と少ない順で見ても5番目の数字です。

エラー数が最も多かった阪神タイガースも、リーグ順位は2位で終わっています。

エラー数が多くなると試合に負ける可能性が高くなるものの、その分打撃で取り返したり、他の試合でカバーしたりも可能なため、一概にエラーが多い=弱いとは言えません。

とはいえ、エラーが少ない=守備が安定しているという事実には違いないため、優勝を目指すのであれば、エラー数は減らす必要があります。(はっきりとせずすみません…)

エラーが多い選手

続いてエラー数が多い選手にポジションごとについて調べてみました。

  • ピッチャー:平井克典(3回/西武)
  • キャッチャー:清水優心(8回/日ハム)
  • ファースト:松山竜平(9回/広島)
  • セカンド:中村奨吾(9回/ロッテ)
  • サード:堂林翔太(17回/広島)
  • ショート:京田陽太(13回/中日)
  • 外野手:マーティン(8回/ロッテ)

こうやってみると、多い選手でも大体10回前後のエラー数を記録していることがわかります。

出場している試合数にもよりますが、ゴールデングラブ賞を8年連続で受賞している広島の菊池涼介選手は、守備機会が503回もあるのに関わらずエラー数は0です。

そう考えると守備の上手な選手はおのずとエラー数も少なく、安定した守備をしていることがわかります。

エラー数の記録を持っている選手

通算記録でエラー数の記録を持っている選手についてポジションごとに調査しました。

  • ピッチャー:別所毅彦・東尾修(53回)
  • キャッチャー:野村克也(271回)
  • ファースト:王貞治(165回)
  • セカンド:高木守道(284回)
  • サード:小玉明利(301回)
  • ショート:白石勝巳(636回)
  • 外野手:大下弘(79回)

まとめ

エラーとは、守備をしている選手のミスにより、打者や走者をアウトにできなかったり、進塁されたりすることを言います。

ミスであっても、公式記録員の判断でエラーの記録がつかない場合もあります。

エラー数が多くなると、直接的に失点や負けにつながる場合もあるため、試合に勝っていくためにはエラー数を減らすことが大切です。

プロ野球を見るときには、エラーにも注目してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
みっさん
みっさん
プロ野球がとにかく好き。「プロ野球に関わっていたい」「プロ野球ファンが増えてほしい」という想いからこのサイトを運営しています。役立つ情報からルールや用語解説などなど、プロ野球に関する様々なことを紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です